トップ

不動産の投資金額を考える

投資対象の不動産

将来設定

投資する不動産の選び方

不動産は自分で住む以外にも投資の対象とすることができます。購入して他の人に貸すことで家賃収入が入ってきますが、投資金額も高額になるので選び方を間違えないようにしなければなりません。アパートを一棟丸ごと購入するとかなりの高額になりますので、不動産投資としてマンションの一室を購入する人もいます。その場合にもできるだけ新しく、きれいで、人気がある物件を選ぶようにしましょう。住む人の利便性を考えて、駅前であったり、まわりに店舗が充実しているなど、注意ポイントはいくつもあります。投資金額も高額になりますので、よく検討しましょう。

投資金額と選び方とは

投資対象として不動産を購入する人もいますが、投資金額も大きいものですので、その選び方には注意しなければなりません。家賃が高いからといって収入も多くなるとは限りません。購入値段や管理費を差し引いて収益性を考える必要があります。新しくてきれいな不動産であれば入居者がすぐに見つかるわけでもありません。駅から近いのか、環境はいいのか、店舗が近くにあるのか、など生活上の利便性も判断する必要があります。自分が気に入った部屋ならいいわけでもありません。どんな年代の人に貸せたいのかによっても選び方は変わってきます。

↑PAGE TOP