トップ / 不動産投資と金融ローン

不動産投資と金融ローン

不動産投資を始める

将来設定

不動産の投資期間の決め方

不動産投資を始める時には、金融機関でローンを組むことがよくあります。対象となる物件への投資期間を決める時には、ローンの返済計画が重要になってきます。物件の選び方はいくつかありますが、用意できる金額との相談にもなりますので、最高の不動産に投資できるとは限りません。仮に入居者がいなくて家賃収入が入ってこなくても、ローンの返済は待ってくれません。ローン返済を早めに終わらせたいのは当然ですが、無理な計画ではすぐに破綻してしまいます。専門家や金融機関とよく相談して、無理のない計画をたてるようにしましょう。

投資用物件の選び方とは

投資の目的は、所有者に定期的に分配されるストックゲインと、売却の値上がり益などのキャピタルゲインがあります。長引く低金利で、毎月の安定収入が見込める不動産投資が注目されています。不動産投資の場合、家賃収入がストックゲイン、売却益はキャピタルゲインになります。投資物件の選び方は、キャピタルゲインもあわせて狙って、利益が出たら短い投資期間で買い替えを考えるなら、減価償却の耐用年数も短い、中古物件がおすすめです。一方、安定した家賃収入に重点を置く場合は、修繕などの維持費が高額になるリスクもあるので、新築か、中古を選ぶ場合でも、あまり築年数が経っていない物件が安心です。

↑PAGE TOP